シンサレートの掛け布団に憧れて冬が来る

■掛布団というと羽毛布団とか綿布団

毛布やタオルケット。こちらの系統もいろいろな種類がある。最近だと、夏向けのヒンヤリ感かもしれないけど。まぁ、いろいろあるけど、冬の掛け布団となると、やっぱり軽くて温かいがいいんだろうなぁ。できるだけ軽くしているし。まぁ、電気敷毛布で温度を上げればいいんだろうけど、体がカラカラにかわきそうで。それでも、冷たいままが嫌なので、寝る1時間前以上から布団の中を温めるのには使っている。これが自分の日常から。

■ネットを見ていて見つけたシンサレート

これはあたたかそうなんだよね。羽毛の2倍温かいのが売りらしい。軽さもかなり軽そう。さすが科学だと思う。その上、洗っても性能が落ちない。こんないいものができて、たぶん、羽毛布団よりお手頃のはず。もし、羽毛布団の安いのと同額だったら、シンサレートの掛け布団の方をお勧めしたい。

■さらに魅力は、通気性の高さ。

自分の場合、断熱材のない木造建築なので、真冬ぞっとする程室温が下がる。突然下がった日が続くときは、アルミシートにたよる。ただ、アルミシートは通気性がないから結露ができるんだよね。朝、干せばあっという間にかわく程度だけど、手間がかかって気分が悪い。ただ、アルミシートの保温は半端ないけど。

■シンサレート掛け布団の高い通気性と保温性は

まさに、科学の結晶だろうね。実験に実験を重ねて。それに、防寒着や防寒具に応用もされたりしてるだろうし、そういう実例もどんどん重なって得られてるだろうし。この冬は、シンサレートで頭がいっぱいになりそう。